HOME > 理学療法士・作業療法士 > 脳卒中リハ 装具活用実践レクチャー

書籍詳細

脳卒中装具の特殊な不具合や問題点を押さえて,院内から生活期での使用まで役立てられる1冊!

盲点チェック!

脳卒中リハ 装具活用実践レクチャー

脳卒中リハ 装具活用実践レクチャー
監修 勝谷 将史
編集 大村 優慈
定価 4,860円(税込)(本体 4,500 円+税)
B5判  224ページ  2色,イラスト100点,写真100点
2018年8月3日刊行予定
ISBN978-4-7583-1928-7
内容紹介
脳卒中片麻痺者への装具療法は歩行の改善に効果があることがわかっている。理学療法士,義肢装具士が協力して選定や訓練を行い,院内での使用はうまくいったとしても,装具との付き合いはそれだけでは終わらない。生活期に入ってからもさまざまな要因で不具合が生じてくる。そのような事態に遭遇したとき,どのように対応したらよいだろうか。
本書は臨床勤務の理学療法士向けに,装具作製の支給制度や装具の判定基準,装具のオプション部品の活用,リハ時間外での使用方法,生活期では装具不適合,着脱や外観など,さまざまな「盲点」に着目して,どのような「工夫」ができるかを解説する。また,義肢装具士の視点からも解説して,リハに役立つ情報を盛り込み,臨床での着眼点を養える。

目次