2014年8月号 Vol.33 No.8

小児肘外傷の初期治療と後遺症に対する治療

関節外科 2014年8月号
定価 2,640円(税込) (本体2,400円+税)

目次

■特集:小児肘外傷の初期治療と後遺症に対する治療  企画・編集:加藤博之
 introduction−  加藤博之
 小児肘関節外傷の診断と治療−  堀井恵美子ほか
 小児上腕骨顆上骨折の保存療法−  南野光彦ほか
 小児上腕骨顆上骨折の経皮pinning−  服部順和
 神経血管障害を合併した小児上腕骨顆上骨折に対する治療  藤岡宏幸ほか
 小児上腕骨外側顆骨折の治療−  六角智之
 小児上腕骨内側上顆骨折に対する手術療法−  森谷浩治ほか
 小児上腕骨遠位骨端離開の治療−  坂井健介
 小児肘関節脱臼の治療−  上村卓也ほか
 小児橈骨頚部骨折に対する治療−  山中一良
 小児新鮮Monteggia骨折と陳旧性Monteggia骨折の治療−  小松雅俊ほか
 小児上腕骨顆上骨折後の内反肘変形に対する骨切り術−  高木岳彦ほか
 小児上腕骨外顆骨折後の外反肘変形とその手術療法 −  島田幸造ほか

●連載
 「臨床研究力」が問われる!統計からみた論文の書き方 第8回
 整形外科でのITの活用 第8回
 もう若手に頼らない!デキる医師の実践IT仕事術 第8回
全文表示する