新OS NOW No.3

脊椎外傷の手術療法

脊椎外傷の手術療法

■担当編集委員 岩本 幸英

定価 8,800円(税込) (本体8,000円+税)
  • A4判  192ページ  
  • 1999年8月27日刊行
  • ISBN978-4-89553-785-8

脊椎外傷を上位頚椎・中下位頚椎・胸腰椎に分け,手術手技と手術時のコツ,注意点が一目でわかるような構成で,ダイナミックなイラストとともにわかりやすく解説。手術の多い整形外科医のための役立つ必読書。

■シリーズ編集委員
高岡邦夫/岩本幸英/落合直之/清水克時

■シリーズ編集顧問
林浩一郎


目次

上位頚椎
 軸椎歯突起骨折
  前方螺子固定術  千葉一裕
 環軸椎亜脱臼  
  Magerl + Brooks法  佐藤 栄,ほか
  intra-atricular screw fixation   徳橋泰明,ほか
  Olerud cervicalの使用経験  小西宏昭
中下位頚椎
 前方脱臼骨折−後方法  
  lateral mass screw法  谷口 睦
  頚椎椎弓根スクリュー固定法  鐙 邦芳,ほか
 前方脱臼骨折に対する前方後方法
  棘突起ワイヤリングを中心に  植田尊善 
 tear drop 型脱臼骨折・破裂骨折
  前方固定 + plating  土井田 稔,ほか  
胸腰椎
 破裂骨折  
  胸腔鏡視下手術の応用  木下哲也,ほか
  椎間関節温存型横突起分割式還納椎弓形成術  阿久根 徹,ほか 
  前方除圧 + 後方instrumentation−自家骨  加藤文彦 
  前方除圧 + 後方instrumentation−Harms cage  西島雄一郎 
  前方除圧 + 前方instrumentation   司馬 立,ほか 
  後方instrumentation を併用した後方除圧および経椎弓根PLIF による脊柱再建術  権藤 宏,ほか  
 脱臼骨折  芝 啓一郎 
 Chance型骨折  阿部栄二,ほか 
 骨折後の後弯変形に対する脊柱短縮楔状骨切り術  田中靖久,ほか  
 骨粗鬆症に伴う椎体圧潰後遅発性神経麻痺   
  前方除圧 + 前方instrumentation(Kaneda SR)  佐藤栄修,ほか 
  前方除圧 + 後方instrumentation  齊藤太一,ほか 
  後方除圧 + 後方instrumentation-egg shell procedure を応用した椎体再建  持田譲治  
 脊椎後方短縮手術  税田和夫,ほか
 骨片打込み  見松健太郎
全文表示する