100のQuestion&Answerでみるみるわかる! エコーが読める!

動画でチェック! 運動器・関節エコー

動画でチェック! 運動器・関節エコー

■監修 佐野 幹夫

■著者 前田 佳彦

定価 4,400円(税込) (本体4,000円+税)

100のQ&Aでエコーの読み取り方,鑑別方法がみるみるわかる! コツがつかめる! 100症例の動画を用いたQ&AのWeb版症例問題集アクセス権付

昨今,整形外科分野において運動器のエコー検査が用いられる頻度が高まっている。機器の進歩と共に,エコー検査では,骨,軟骨,筋,腱,靱帯,末梢神経,血管のすべてを評価することができるという点においても,今後さらに劇的に普及していくと思われる。「無侵襲検査」であり,CTやMRIに比べ医療費を安く抑えることができ,簡単に検査を行うことができるが,その反面で正確に画像を描出し,診断に役立てられていない場合も多い。
そこで本書では,エコーの最大の特徴であるリアルタイム性(時間分解能)に主眼を置き,動画を用いてQ&A形式で各画像に対して,見るべきポイントはどこか,エコーの分類や鑑別のポイントを端的に解説している。
Web版症例問題集は質問に答えながら読み進めるQ&A形式とし,クイズに答えているうちに,エコーの読み取り方のコツがつかめる構成となっている。小規模施設で多くの疾患に触れる機会のない医師,技師の必読本であり,質問に答えながら鑑別方法を予測し,多くの症例を見る目,考える頭を養うことができる。


序文

 この度は,本書を手にとっていただき誠にありがとうございます。超音波検査をすると心に決めて刈谷に入職したのが2002年,プローブを握って14年が経ちました。私の超音波人生は,腹部からスタートし,各臓器を経験していくなかで,まさか運動器をすることになるとは思いもしませんでした。
 2008年,プローブを持つきっかけを与えてくださった佐野幹夫氏(当時刈谷豊田総合病院放射線技術科部長)が,大きな転機をもたらします。『前田!運動器をやるぞ!』と。それからというもの,運動器関連の文献を日夜読みあさり,皆川洋至先生(秋田県城東整形外科)を訪ね,『診断から治療まで最短距離で突っ走る,それが超音波の魅力』と,多忙な診療にもかかわらず,その魅力を存分にご教授いただきました。プローブを固定したまま関節を自在に動かし腱や靱帯を観察するその光景に,強烈な“ワクワク感”を覚えました。その後,『近くでも学べる環境があったほうがいい』と,名古屋スポーツクリニック院長の杉本勝正先生をご紹介いただきました。
 本書は,多くの方々からの『動画の症例集が欲しいよね』という要望に応え,後輩の人材育成や医師とのカンファレンス目的で保存した“症例の動画”を集約しました。解剖図や走査法は他の親書にまかせ,“動く超音波所見を診る”ことをコンセプトにした点では,類のない一冊になっていると思います。また,本書の作成にあたっては誤字,脱字,内容の不備な点も多々あると思いますが,諸先生方のご叱正をいただければ幸いに存じます。
 最後に,検査体制構築の際に業務調整で多大な協力を賜った桒山真紀氏(当時刈谷豊田総合病院放射線技術科課長)と渡辺剛先生(当時刈谷豊田総合病院整形外科医長),業務終了後にもかかわらず,快く全面的に協力してくれた超音波検査室の仲間,企画から発刊まで苦労を共にしたメジカルビュー社の高橋範子氏にこの場を借りて心からお礼申し上げます。
本書が,少しでも運動器超音波の普及に貢献できれば幸いです。

平成28年4月
刈谷豊田総合病院放射線技術科課長
前田佳彦
全文表示する

目次

Chapter 1 筋
Chapter 2 手指・手関節
Chapter 3 肘関節
Chapter 4 足関節
Chapter 5 肩関節
Chapter 6 神経
Chapter 7 膝関節
Chapter 8 その他
全文表示する

関連する
オススメ書籍