新OS NOW No.27

整形外科最新技術

手技のポイントとコツ

整形外科最新技術

■担当編集委員 高岡 邦夫

定価 9,900円(税込) (本体9,000円+税)
  • A4判  236ページ  イラスト300点
  • 2005年7月27日刊行
  • ISBN978-4-7583-0627-0

整形外科分野の最新技術情報をまとめて理解できる

新OS NOW No.27では,現在,整形外科で“最新技術”をもって手術と診断を行っている分野をまとめて取り上げている。“内視鏡手術”“低侵襲手術(MIS)”“コンピュータナビゲーション手術”“画像診断”(超音波診断法,MRI,PETなど)そして外傷,手,腫瘍,小児に対する工夫を凝らした手術について,手技のポイントとコツが新OS NOWならではのダイナミックなイラストと写真で解説されている。

■シリーズ編集委員
高岡邦夫/岩本幸英/落合直之/清水克時

■シリーズ編集顧問
林浩一郎


序文

 近年の整形外科技術の進歩はまさに日進月歩である。その進歩と並行して整形外科領域はますます専門化が進行している。専門化傾向は整形外科の各領域での診断法,手術適応,手術法選択,手術手技,後療法などに広く及んでいる。その功罪には緒論あるであろうが,その専門化の動きの目指すところは新しい医療知識の収集に限らず,医療技術の正確化と低侵襲化追求のようにみえる。コンピュータナビゲーションや種々の手術器械の改良,内視鏡手術の普及などがそのよい例であろう。より能率的,効果的かつ正確度の高い低侵襲技術への要求は患者サイドからも拡大しつつある。この傾向はすべての整形外科医が日常診療の場で強く感じていることではあるまいか。今後もその傾向が続くものと予想される。それぞれの先進技術獲得にはそれなりの技術収得の研修と熟練が必要であるが,その過程を経れば多くの患者の治療に大きな福音をもたらすものであろう。
 最近はインターネットの普及によって各医療施設の専門性,治療成績などについて患者が獲得できる医療情報が飛躍的に増加している。また患者間での情報交換も頻繁に行われていると聞く。このような医療情報環境の変化に対応して,個々の整形外科医がそれぞれの専門領域で情報交換と自己研修によってより高い診療技術獲得に努めなければ,それらの要望に答えられない。整形外科領域内でみても細分化された多く専門領域の学会,研究会,研修会が盛んになっている。それらの活動の共通目的がそこにあることはいうまでもない。整形外科診療技術の更新向上には多くの整形外科医の間での技術情報の交換と共有が重要である。
 新しい技術を習得し実際に多くの症例に用いている先駆的立場の先生たちにその技術の概略と,その技術のコツと注意点について記述いただいて,読者が実際の診療を行うときの参考としていただくために本誌を企画した。読者の理解をより容易にするために,これまでの「新OS NOW」シリーズと同様,できるだけ多くの図表を挿入して視覚的に理解できる内容を特徴としつつ,日常診療での新しい診断法,手術法の手技解説を主眼として記載したものである。最近の新しい診断治療手技,さらに最近出現した新しい治療機器の正しい使用法,利点なども記載されている。
 最後に,本書からこれからの整形外科の行方も感じていただければと願うとともに編集企画に賛同いただき執筆いただいた諸先生方に深謝します。

2005年7月
高岡邦夫
全文表示する

目次

内視鏡手術
 ●肩関節 
   関節鏡視下腱板修復術−ノットレスアンカーを用いて  伊藤陽一,ほか
   不安定肩に対する関節鏡視下thermal capsular shrinkage  岡村健司
 ●脊椎 
   腰椎変性すべり症に対する後腹膜鏡下前方固定術  中村博亮,ほか
   胸腔鏡視下脊椎手術  平泉 裕
   後腹膜腔鏡視下神経根除圧術  出沢 明
   脊柱側弯症に対する胸腔鏡視下前方矯正術  上村幹男
   腰椎椎間板ヘルニアに対するmicroendoscopic discectomy(MED)  中川幸洋,ほか
 ●小児 
   先天性股関節脱臼に対する関節唇形成を併用した関節鏡視下整復術  北野利夫
低侵襲手術  
 ●関節 
   MIS(2-incision)人工股関節置換術  平川和男
   MIS人工膝関節置換術  巽 一郎,ほか
 ●脊椎 
   骨粗鬆症性椎体骨折に対する内視鏡とバルーンを用いた椎体形成術  星野雅俊,ほか
CAOS  
 ●関節 
   コンピュータ・ナビゲーションを用いた人工股関節全置換術  菅野伸彦,ほか
   コンピュータ・ナビゲーションを用いた人工膝関節置換術  小林章郎
   コンピュータ・ナビゲーション・システムを用いた膝前十字靱帯再建術  栗林 聰,ほか
 ●手 
   ロボットによる微小血管縫合への挑戦
    Micro arm製作の現状と課題  五谷寛之
   3D-カスタムメイドテンプレートを用いた上肢変形治癒骨折の治療  村瀬 剛,ほか
画像診断  
   小児股関節に対する新しい超音波画像診断  扇谷浩文,ほか
   超音波断層法による肩関節の動態画像診断法  杉本勝正
   FDG-PETによる肩回旋筋群における筋活動評価  篠崎哲也,ほか
   Open MRIを用いた肩甲骨・肩甲上腕関節の動作解析  建道寿教,ほか
   MR関節造影を用いた肩関節疾患の診断  泉 純一,ほか
その他  
 ●外傷 
   骨折後下肢変形に対するIlizarov法による矯正術  川端秀彦
   頚椎症性脊髄症に対する新しい後方除圧術−選択的椎弓形成術  白石 建,ほか  
 頚椎椎間板ヘルニアに対する後方ヘルニア摘出術  笹井邦彦 
 ●手 
   屈筋腱損傷に対する早期自動運動療法  牧  裕
   バネ指に対する鏡視下腱鞘切開術  仲尾保志
 ●腫瘍 
   重粒子線治療  鎌田 正
 ●小児 
   Perthes病に対する大腿骨頭回転骨切り術  野口康男
   小児股関節疾患治療におけるhome tractionの導入  北小路隆彦
全文表示する