新OS NOW No.26

小児下肢変形に対する手術療法

小児下肢変形に対する手術療法

■担当編集委員 落合 直之

定価 9,900円(税込) (本体9,000円+税)
  • A4判  216ページ  イラスト300点
  • 2005年4月28日刊行
  • ISBN978-4-7583-0626-3

小児下肢変形の手術手技をイラストを用いてわかりやすく解説

本書では,近年大いに変貌を遂げている小児下肢変形の手術を,基本的術式,大腿・膝周辺,下腿・足関節・足と部位別の変形,さらに先天性骨系統疾患・先天性結合織疾患・奇形疾患と疾患特有な変形で構成している。
従来の成長軟骨板における骨性架橋切除,成長板発育抑制のためのステープリング,積極的発育停止させる骨端固定術の解説から,さまざまな骨切除,軟部組織の解離術,そして創外固定による仮骨延長術まで,病態に合わせたその選択と適応,著者のこれまでの経験に基づく手技上の工夫,実際の手術にあたっての注意点など大変参考になる内容が記載されている。

■シリーズ編集委員
高岡邦夫/岩本幸英/落合直之/清水克時

■シリーズ編集顧問
林浩一郎


序文

 今回のテーマは,「小児下肢変形に対する手術療法」である。
 小児下肢変形に対する治療法の分野は,創外固定による仮骨延長法の導入によって近年大いに変貌を遂げていると言っても過言でない。
 発育途上の小児の骨の特徴は成長軟骨板を備えていることである。この機能異常によりさまざまな長管骨の変形がもたらされる。一方,その機能がまだ残っている成長期にあっては最大限その機能を引き出すことで変形を矯正することも可能である。さらに,小児期の骨は形態異常に対して,成長軟骨板のみならず骨膜によるモデリング機能も旺盛である。
 下肢局所の変形は,生体力学的にはその影響は局所にとどまらない。患側の下肢の骨・関節の形態,さらに反対側,体幹へと連鎖していく。とくに成長期にあっては,その影響は大きい。これは,生体の可塑性が大きい小児の自然な反応ともいえる。治療する観点からは,この大きな可塑性を最大限プラスの方向に導くことが小児の四肢の変形に対する治療では重要なポイントである。
 今回,下肢変形に対する手術を,基本的術式,大腿・膝周辺・下腿・足関節足と部位別の変形,さらに先天性骨系統疾患・先天性結合織疾患・奇形疾患と疾患特有な変形とに項目立てして,それぞれこの分野で活躍されている方々に執筆をお願いした。
 従来の成長軟骨板における骨性架橋切除,成長板発育抑制のためのステープリング,積極的発育停止させる骨端固定術の解説から,さまざまな骨切術,軟部組織の解離術,そして創外固定による仮骨延長術まで,病態に合わせたその選択と適応,著者のこれまでの経験に基づく手技上の工夫,実際の手術にあたっての注意点など大変参考になる内容が記載されており,読者諸氏の今後の診療に役立つものと確信している。

2005年4月
落合直之
全文表示する

目次

小児下肢変形に対する基本的術式
 骨端軟骨板の骨性架橋切除術  加藤哲也
 骨端発育抑制術(膝・足関節) −ステープリング−  石原芳人,ほか
 骨端固定術(膝・足関節)  町田治郎,ほか
部位別の下肢変形に対する術式
 近位大腿骨限局性欠損症(PFFD)に対する手術療法  柏木直也
 大腿骨過大前捻に対する大腿骨減捻骨切り術
   −痙直型脳性麻痺児の多部位同時手術例を中心に−   則竹耕治,ほか
 ●小児内反膝変形の手術
   脛骨外反骨切り術  宮城 登
   脛骨斜め骨切り術  石井朝夫
   Ilizarov法を用いた変形矯正  三谷 茂,ほか
   単支柱型創外固定器を用いた変形矯正と骨延長  西須 孝,ほか
   脛骨内側顆骨端線部骨切り術  門司順一,ほか
 小児外反膝変形の手術療法  倉 秀治,ほか
 小児反張膝の手術  井尻慎一郎
 ●小児膝関節拘縮に対する手術療法 
   軟部組織解離術と創外固定器の併用  富沢仙一,ほか
   Ilizarov法  北野利夫
 下肢回旋変形に対する下腿骨回旋骨切り術  寺本 司
 ●先天性内反足に対する手術療法
   軟部組織解離術  山本晴康
   骨手術  野村茂治,ほか
 先天性垂直距骨に対する手術療法  篠原裕治
 小児の外反扁平足に対する手術療法  田代宏一郎,ほか
疾患に特徴的な下肢変形に対する術式
 骨形成不全症に対する分節骨切り術  廣島和夫
 軟骨無形成症の下肢変形に対する手術療法  川端秀彦
 多発性内軟骨腫症(Ollier病)の下肢変形に対する手術療法  土屋弘行,ほか
 先天性脛骨欠損症に対する手術療法  城 良二
 先天性腓骨列欠損症の手術療法  和田晃房,ほか
 ●先天性下腿偽関節の手術療法
   血管柄付き腓骨移植術  籐 哲,ほか
   Ilizarov法  松井好人,ほか
全文表示する