新OS NOW No.22

手指の外科

修復,再建とリハビリテーション

手指の外科

■担当編集委員 高岡 邦夫

定価 9,900円(税込) (本体9,000円+税)
  • A4判  220ページ  イラスト300点
  • 2004年4月16日刊行
  • ISBN978-4-7583-0616-4

手指の外傷,疾患治療の最前線!

 最近の手の外科の進歩は著しく,最近の日本人手の外科医の貢献度もめざましいものがある。本書はその最先端で活躍されておられる先生方にご執筆をお願いした。手の外科領域のすべてを網羅する書物を作るとなると膨大なものになるので,今回は手関節の外傷や疾患,絞扼性神経障害などは除外して手指のみに限定し,また比較的日常診療上遭遇しやすい外傷や疾患のみを対象として,その修復・再建とリハビリテーションについて言及していただいた。一部特殊な外傷や治療法も含まれているが,それぞれの外傷,疾患について豊富なイラストを交えて分かりやすく解説されている。

■シリーズ編集委員
高岡邦夫/岩本幸英/落合直之/清水克時

■シリーズ編集顧問
林浩一郎


序文

 手指は狭い空間に多くの重要な解剖学的要素がぎっしりと詰まった運動器官で,二足獣では脳の発達により緻密に制御され,多くの複雑な機能を生み出している。手指を有する我々人間は生まれながらにしてこの生きた精密機械の恩恵を当然のことのように受けており,外傷や疾患を通じて初めてそのありがたさに気づく。手指が複雑な解剖構造と緻密な機能を有するため,義足の進歩に比較して義手の開発が遅れていることを考えると,疾患や外傷を負った手指の修復・再建は一本の手指のみならず,手全体の機能再建のためにも非常に重要な意味をもつことがわかる。
 手の外科を専門とする外科医でなくとも手指の外傷や疾患を治療する機会は非常に多く,不適切な治療によって機能障害が残存し,医療訴訟に至る事例も少なくない。インターネットの普及により患者側からも多くの医療情報を入手できる時代になって,ますますこのような事態に拍車がかかる可能性が高く,外科医は現時点での治療の最前線に関する知識と技術に備えておくことが必須となる。手指の外傷や疾患を治療するにあたって最も重要なことは,損傷した解剖学的要素の修復のみならず,手指あるいは手全体の機能再建に最大限の努力をはらうことである。骨折部は癒合したが関節拘縮が残った,あるいは断裂した屈筋腱は癒合したが周囲との癒着により手指の自動屈曲が不十分などといった結果を招かぬように細心の注意が必要である。
 BunnelのSurgery of the Handの初版が発刊されて今年で60年になる。この間の手の外科の進歩は著しく,最近の日本人手の外科医の貢献度もめざましいものがある。今回はその最先端で活躍されておられる先生方に本書の執筆をお願いした。手の外科領域のすべてを網羅する書物を作るとなると膨大なものになるので今回は手関節の外傷や疾患,絞扼性神経障害などは除外して手指のみに限定し,また比較的日常診療上遭遇しやすい外傷や疾患のみを対象として,その修復・再建とリハビリテーションについて言及して頂いた。一部特殊な外傷や治療法も含まれているが,本書が我々に与えられたすばらしい運動器官の一つである手指の機能再建の一助になれば幸いである。
 最後に本書の企画に賛同し,ご執筆頂いた著者諸氏一同に深謝する。

2004年4月
高岡邦夫
全文表示する

目次

骨折
 中手骨骨折 Foucher法  山中一良  
 指節骨骨折  田嶋 光
 PIP関節脱臼骨折(新鮮例)  佐久間雅之,ほか
 PIP関節脱臼骨折(陳旧例) 有茎DIP関節移行術  黒島永嗣
脱臼・靱帯損傷
 母指CM関節脱臼・亜脱臼  長岡正宏
 MP・PIP関節側副靱帯損傷  吉田竹志
 MP関節の脱臼  日高典昭
 母指MP関節ロッキング  堀内行雄
伸筋腱損傷  
 新鮮例に対する腱縫合術  今田英明,ほか
 橈骨遠位端骨折に伴うEPL断裂  近藤 真,ほか
 槌指  吉川泰弘
 伸筋腱脱臼  井上五郎
屈筋腱損傷  
 modified Kleinert法によるzone II 屈筋腱断裂の治療  加藤博之,ほか
 陳旧例に対する腱移植術と腱移行術  牧 裕
切断指  
 再接着  石川浩三
 皮弁(局所皮弁と逆行性島状皮弁)  面川庄平
 母指化手術  石田 治,ほか
 足趾移植  矢島弘嗣
 wrap around flap法  土井一輝
関節リウマチ  
 母指変形(ボタン穴変形)  石川 肇
 伸筋腱皮下断裂  橋本英雄,ほか
 ボタン穴変形・スワンネック変形  水関隆也
 尺側偏位に対する中手骨短縮骨切り術  政田和洋,ほか
 人工指関節  南川義隆
変形性関節症  
 母指CM関節症に対する関節形成術  副島 修
 母指CM関節症に対する人工関節置換術  香月憲一
拘縮  
 手指関節拘縮の手術療法と術後リハビリテーション  瀧川宗一郎
 Dupuytren拘縮  内田 満
腫瘍  
 内軟骨腫  谷口泰徳,ほか
 ガングリオンに対する鏡視下手術  西川真史
先天異常  
 母指多指症  堀井恵美子,ほか
 合指症  平瀬雄一
 短指症・短合指症  川端秀彦
全文表示する