キャンペーン

学会関連 新刊書,好評書のご案内

信頼と実績の極み

第18回 日本臨床腫瘍学会学術集会

免疫チェックポイント阻害薬 実践ガイドブック 新刊!!

「これから始める」「始めたけど悩ましい」をしっかりサポート!
①免疫チェックポイント阻害薬,また,抗がん剤・分子標的薬との併用療法の特徴や注意点を詳解。
②インフリキシマブや免疫抑制薬の使い方やコツも具体的に解説。
③発熱,嘔気,腹痛,倦怠感など,「免疫関連有害事象か否か」迷うときに使えるフローチャートや,スクリーニングのコツが満載。
④免疫関連有害事象に対する対処法は,がん治療医・コンサルトされた医師,2つの視点から解説。


がん治療医が本当に知りたかった緩和ケアのレシピ 新刊!!

「もう少しできる・ちょっと上手くできる」をテーマに,がんの緩和ケアの最新情報を掲載。症状やシチュエーション別に具体的なレシピを紹介しているので,困った時にすぐに答えが見つかります!
基本的な疼痛治療薬について使い分けの考え方を具体的に解説した上で,症状を緩和するためにどの薬を選び,どんな用量・期間で投与すべきかを示し,さらに「こんな時どうしたらいいのか」というがん治療医が悩みがちな疑問について明快に回答。かゆいところに手がとどき,かつ難しすぎない,すぐに使える具体的な情報が満載!


腫瘍循環器診療ハンドブック 新刊!!

近年,がん薬物療法の進歩に伴い,がん患者の予後が改善する一方,治療の副作用としての心疾患の合併が多様化かつ急増し,その心血管死が大きな問題となっている。がん患者の心血管死を防ぐためには,心血管毒性合併を念頭においたがん診療,多種のがん治療薬とその副作用を理解したうえでの心疾患診療,そして診療科の枠を越えた協力体制が必要であるが,「腫瘍循環器学」(Onco-Cardiology)は端緒についたばかりで,基礎・実践の知識を体系的に学ぶことのできる機会が少ないのが現状である。
本書は,こうした現状を改善すべく日本腫瘍循環器学会が編集した医療従事者向けテキストであり,がん診療医・循環器医・プライマリケア医・メディカルスタッフ等を読者対象として,がん治療の心血管毒性とその対応に関する最新の知識や,学会の方針に基づくわが国の腫瘍循環器診療のスタンダードな方法とポイントを解説する。


改訂第2版 誰も教えてくれなかった婦人科がん薬物療法 新刊!!

新しい知見やガイドラインに合わせて,最新のがん治療薬の投与法を解説。支持療法薬,疼痛治療薬の使い方も更新。肉腫のレジメンも詳解。免疫チェックポイント阻害薬の副作用への対処法もわかる。「トラブルシューティング」には知りたかった最新の話題が盛りだくさん。パワーアップした紙面で,治療をさらに強力にバックアップ!


改訂第2版 消化器がん化学療法 副作用マネジメント プロのコツ 

標準治療をできるだけ長く・患者負担なく継続するための『プロのコツ』を解説した好評シリーズの改訂版。
全面改訂で,最新のレジメンに対応。より使いやすく,よりわかりやすく!

改訂ポイント
1 最新の標準治療レジメンに項目を一新。標準的な投与量・スケジュールも併記。
2 「減量,休薬,再開基準」を各レジメンに記載。
複数の薬剤を使用するレジメンにおいて,どの薬剤から減量すればよいかが一目でわかり,より使いやすく。
3 副作用対策編も最新のエビデンスに更新。新しく登場した支持療法薬についても解説。
4 今すぐ知りたい「免疫チェックポイント阻害薬の副作用(irAE)」についても詳解。
これまでの治療薬とは違う,特徴的な副作用への対処法がわかる。
5 アピアランスケアや意思決定支援など,患者支援のコツについても解説。

この1冊で,副作用マネジメントにはもう悩まない!


肺がん化学療法 副作用マネジメント プロのコツ 

抗がん剤治療の効果を最大限に得るには,治療をできるだけ長く・患者負担なく継続することが重要であり,そのためには副作用に対して適切な支持療法を行い,必要に応じて抗がん剤を減量・休止するといった「副作用マネジメント」が重要な鍵となる。
本書は,免疫チェックポイント阻害薬+化学療法や新規薬剤まで,現時点で最新の肺がん化学療法レジメンについて解説。治療開始前の前投薬・前処方の工夫,副作用の発現時期や対処法,減量・休薬・再開の判断まで,治療の流れに沿ってプロのコツを徹底解説。アピアランスケアや心のケアのコツ,また,よりよいOSを得るための治療戦略のコツや,転移性腫瘍におけるQOL維持のコツまで,複雑化する肺がん化学療法をフルサポート。「臨床ですぐに・本当に使える」この1冊で,副作用マネジメントにはもう悩まない!