HOME > 理学療法士・作業療法士 > 認知症をもつ人への作業療法アプローチ

書籍詳細

評価から実際の介入およびその効果の検討まで,作業療法理論に基づく一貫性のあるプロセスでわかりやすく解説!

認知症をもつ人への作業療法アプローチ

視点・プロセス・理論

改訂第2版

認知症をもつ人への作業療法アプローチ
監修 宮口 英樹
編集

小川 真寛
西田 征治
内田 達二
定価 4,950円(税込)(本体 4,500 円+税)
B5判  344ページ  2色,イラスト40点,写真50点
2019年8月3日刊行
ISBN978-4-7583-1944-7
内容紹介
認知症をもつ人に対する作業療法はさまざまな面で困難なことが多く,臨床現場で働く作業療法士のなかには,どのようにアプローチしたらよいか困惑している人も多いと思われる。また,高齢化やリハビリテーションの個別化が進む昨今では,単純に作業を行うだけのアプローチではうまく対応できないことが多い。
本書は,認知症をもつ人に対する作業療法について,評価から実際の介入およびその効果の検討まで,一貫性のあるプロセスで解説した実践書である。
改訂にあたっては,①認知症高齢者等に対する国の政策(「新オレンジプラン(認知症施策推進総合戦略)」等)に合わせて「地域支援」の内容を追加し多職種連携についての解説を盛り込み,②認知症特有の作業療法で使用する評価を掲載,③キーポイントとなる用語について,適宜用語解説の囲み記事を掲載など,全体の約40%を改稿した。実践方法から理論までを押さえた本書は,講義でも臨床でも使いやすい。
序文



目次