HOME > 理学療法士・作業療法士 > 神経難病領域のリハビリテーション実践アプローチ

書籍詳細

神経難病にかかわるリハスタッフに必要な知識を,豊富な臨床写真とともにオールカラーで解説!

神経難病領域のリハビリテーション実践アプローチ

改訂第2版

神経難病領域のリハビリテーション実践アプローチ
監修 小森 哲夫
編集

田中 勇次郎
南雲 浩隆
望月 久
定価 6,048円(税込)(本体 5,600 円+税)
B5変型判  384ページ  オールカラー,イラスト30点,写真250点
2019年2月3日刊行
ISBN978-4-7583-1938-6
内容紹介
リハビリテーションにおいて神経難病領域の疾患にかかわる機会は増え,在宅でのチーム医療が求められるようになった。また,多発性硬化症,パーキンソン病,脊髄小脳変性症/多系統萎縮症の各ガイドラインの改訂や発行が行われ,神経難病疾患を取り巻く状況は変化している。そのような状況を踏まえ,内容を刷新するため改訂を行った。
初版の構成はそのままにして,在宅での歯科医,介護福祉士,栄養士,理学療法士,作業療法士によるかかわりについて新たな章を設けて解説。また,従来の項目においても最新の技術や各職種のかかわりを追加して,内容の刷新を図っている。
初版に引き続きオールカラーで,本領域を網羅した充実の1冊である。
序文



目次