HOME > 理学療法士・作業療法士 > 脳卒中理学療法の理論と技術

書籍詳細

エビデンスに基づく治療のために。日進月歩の脳卒中医療における最新の理論と技術を集約!

脳卒中理学療法の理論と技術

第3版

脳卒中理学療法の理論と技術
編集
原 寛美
吉尾 雅春
定価 7,020円(税込)(本体 6,500 円+税)
B5変型判  560ページ  2色(一部カラー),イラスト450点,写真380点
2019年3月25日刊行
ISBN978-4-7583-1936-2
内容紹介
脳卒中医療の進歩はとどまるところを知らず,理学療法の理論や技術に関しても日々発展を遂げている。このような状況を踏まえ,今回約3年ぶりの改訂を行った。
本書では新たに「ロボットを用いた理学療法」,「ニューロリハビリテーション」の項目を追加。これらの新規項目においても,“エビデンスに基づく治療理論を,技術として臨床に導入する”という初版からのコンセプトを踏襲した。
また,退院後の生活に大きくかかわる「歩行訓練・ADL訓練のすすめ方」を新設した。さらに,既存の項目についてもアップデートを行い,今日の臨床現場に即した内容を盛り込んだ。
脳卒中リハビリテーションの実践において根幹となる「理論と技術」を集約した本書をぜひとも参考にしてほしい。
序文



目次