HOME > 理学療法士・作業療法士 > 精神科作業療法の理論と技術

書籍詳細

新進気鋭のOTが執筆した,新しい精神科作業療法のテキスト。臨床での実践書としても活用できる

精神科作業療法の理論と技術

精神科作業療法の理論と技術
編集 早坂 友成
定価 4,536円(税込)(本体 4,200 円+税)
B5判  296ページ  2色,イラスト80点,写真20点
2018年3月30日刊行
ISBN978-4-7583-1925-6
内容紹介
わが国のこれまでの精神科作業療法は,社会的入院患者を主な対象としてきた。社会的入院患者の多くは統合失調症患者であることから,精神科作業療法は統合失調症への実践によって研鑽されてきたともいえる。しかし,近年のうつ病や双極性障害の患者の増加,地域医療の推進など,精神科領域を取り巻く環境の変化は著しく,精神科作業療法の治療構造を前提とした,各精神疾患に対応する作業療法の実践がより重要になった。
本書は,近年の傾向に即して精神科作業療法を解説している。臨床と教育の現場で活躍する作業療法士を執筆陣に迎え,これまでの研究を総括したうえで,実際の臨床経験に基づく精神科作業療法の理論と技術を解説している。養成校のテキストとしても,臨床現場での実践書としても活用できる書籍である。
序文


目次