HOME > 理学療法士・作業療法士 > 姿勢から介入する摂食嚥下 脳卒中患者のリハビリテーション

書籍詳細

摂食嚥下障害に対し,いま具体的に何が出来るのか? 姿勢調節異常の観点から,評価と介入を解説

姿勢から介入する摂食嚥下 脳卒中患者のリハビリテーション

姿勢から介入する摂食嚥下 脳卒中患者のリハビリテーション
監修 森若 文雄
編集 内田 学
定価 4,860円(税込)(本体 4,500 円+税)
B5判  224ページ  オールカラー,イラスト104点,写真253点
2017年8月25日刊行
ISBN978-4-7583-1904-1
内容紹介
脳卒中患者の嚥下障害に対するリハビリテーションについて,『脳卒中治療ガイドライン2015』ではグレードA「十分なリスク管理のもとにできるだけ発症早期から積極的なリハビリテーションを行う事が強く勧められる」としている。しかし,多く目にする介入は咽頭・喉頭から口腔までの限局的な介入が殆どで,口腔ケアや嚥下筋に対する筋力増強,対症療法などが中心ではないだろうか。
本書は,脳卒中患者に出現する嚥下障害について姿勢調節異常という観点から解説し,摂食行為における評価と介入の具体例について紹介する。言語聴覚士としての介入方法は勿論のこと,理学療法士や作業療法士が関与する必要のある「姿勢と摂食嚥下」の視点について多く紹介する。
咽頭や喉頭は身体の最上部に位置する運動器官であり,抗重力位の中では骨盤帯や体幹の位置に影響される。嚥下機能を運動機能の一部と捉え,より良い運動機能の発揮を目指すことで,嚥下障害の改善をめざすものである。
序文


目次