HOME > 整形外科 > 受診時年齢別 発育性股関節形成不全の診かた・治しかた

書籍詳細

股関節のどこを診て,どの検査をし,どう評価し,どのタイミングで何をすべきか,この1冊で全年代に対応可能!

子どもから大人までこの1冊!

受診時年齢別 発育性股関節形成不全の診かた・治しかた

受診時年齢別 発育性股関節形成不全の診かた・治しかた
編集
稲葉 裕
中島 康晴
定価 7,700円(税込)(本体 7,000 円+税)
B5変型判  168ページ  2色(一部4色),イラスト40点,写真100点
2019年11月25日刊行
ISBN978-4-7583-1875-4
内容紹介
新生児から高齢者まで,発育性股関節形成不全(DDH)患者の診療を年齢別に,どこを診て,どの検査をし,どう評価し,どのタイミングで何をすべきかを具体的に解説。
成長期の子どもにいつまで保存治療をするのか,手術に踏み切るタイミングはいつか,また成人については①前股関節症〜初期の変形性股関節症と②進行期〜末期の変形性股関節症に分けて解説。さらに移行期医療の諸問題や保護者への対応,人工関節の適用と耐用年数など,関連する年代の前後にトピックスを配して,この1冊で全年代に対応可能な内容になっている。
序文



目次