HOME > 整形外科 > 新 執刀医のためのサージカルテクニック  脊椎

書籍詳細

そろそろ助手を卒業ですか? 実は執刀医は手術のこんなところに注意しているんです!

新 執刀医のためのサージカルテクニック

脊椎

脊椎
担当編集 德橋 泰明
定価 14,300円(税込)(本体 13,000 円+税)
B5変型判  256ページ  オールカラー,イラスト 300点
2018年5月31日刊行
ISBN978-4-7583-1862-4

■総編集
德橋泰明

内容紹介
2004年から刊行し,基本的な手技を学べる現場に即した手術書として好評を得た『執刀医ためのサージカルテクニック』シリーズ。それから10年以上が経過し,手術手技・使用器具の進歩により大きく変更されている術式や,新たな術式も取り上げ,今の時代に即した手術内容で新シリーズとして刊行。
より執刀医の視点に立った記述で,ペース配分が理解しやすいように,各手術手技の流れを「起承転結」の4段階に分けて,豊富な図・イラストと具体的かつ簡潔な解説で構成。また,是非とも継承したいテクニックや思わぬアクシデントを招きそうな注意点,覚えておくべき解剖学的に重要な点など,場面ごとに,最前線で活躍する医師が実際に経験して得た知識を「アドバイス」や「ピットフォール」として随所に掲載。さらに助手を卒業していざ執刀医となった医師のニーズに応える情報も提供。本巻『脊椎』では,脊椎・脊髄手術の基本的な手技について,特に執刀医になりたての医師が経験することが多い疾患を取り上げ,基本である固定術・除圧術から,内視鏡下手術(MED),XLIFやOLIFまでをわかりやすく紹介。執刀医となったその日から即役立つ,必携の一冊!
序文



目次