HOME > 研修医向け > 治療に役立つ グラム染色

書籍詳細

耐性菌を作らない! データに基づく適正な抗菌薬処方にグラ染が役に立つ!!

感染の有無をみる! 菌を推定する! 抗菌薬の感受性がわかる!

治療に役立つ グラム染色

治療に役立つ グラム染色

高橋 幹夫
櫻井 滋
定価 4,104円(税込)(本体 3,800 円+税)
B5判  180ページ  オールカラー,写真140点
2017年5月15日刊行
ISBN978-4-7583-1772-6
内容紹介
菌を同定せずに広域スペクラトル抗菌薬を投与し続けるエンピリック治療は耐性菌を作り、将来的な治療薬の選択肢を狭めるだけである。本書では、簡便に行え、コストパフォーマンスもいいグラム染色検査(グラ染)を有効活用することが,抗菌薬の適正使用にどんなに役立つか解説されている。
すでに抗菌薬を投与している時に、グラ染を利用していかにデスカレーションしていくのか、複数の菌に感染している患者をどうやってみつけるのか、治療はどうするのか。一筋縄ではいかない感染症の病態把握に対してグラム染色の使い方と、データに基づいた抗菌薬の選択の仕方がよくわかるようになっている。
高齢化社会を迎え、増加する感染症患者に適切な治療を施すためにすべての医療者必携の一冊。

序文


目次