HOME > 産婦人科 > 胎盤学

書籍詳細

「答え」は胎盤の中にある。基礎と臨床を駆け巡る解説,胸躍る遺伝子の展開,「胎盤」はこんなにも深かった!

基礎と臨床の両側面からみた

胎盤学

胎盤学
編集 日本胎盤学会
定価 14,300円(税込)(本体 13,000 円+税)
B5判  448ページ  オールカラー,イラスト76点,写真351点
2019年12月1日刊行
ISBN978-4-7583-1762-7
内容紹介
産婦人科医にとって胎盤を理解することは,妊娠とその疾患を,さらには不妊や児の予後を理解することである。近年,MRIや超音波の機器の向上に伴って妊娠中の胎盤を妊婦の管理に応用したり,遺伝子工学の分野での発展により胎盤研究も進み,胎盤の理解は大きく変化した。本書は,日本胎盤学会が,これら新しい知見に基づいて基礎と臨床の両輪から編んだ,最新の胎盤学である。
産婦人科医が知りたかった胎盤のすべてがここにある!
序文



目次