HOME > 産婦人科 > 胎児心エコーのすべて

書籍詳細

詳細なスクリーニング方法から豊富な画像を用いた精査,治療法を徹底解説した川瀧元良渾身の1冊,ついに刊行!

胎児心エコーのすべて

スクリーニング・精査・治療・そして家族支援

胎児心エコーのすべて
編集 川瀧 元良
定価 9,180円(税込)(本体 8,500 円+税)
B5判  456ページ  オールカラー,イラスト100点,写真1,000点
2017年2月7日刊行
ISBN978-4-7583-1737-5
内容紹介
心奇形の頻度は,生産児100人に対して1人の割合で発生するといわれているが,そのうちの1/3が重症心奇形であり,乳児死亡の最大の原因となっている。現在,胎児診断率は上昇し,その結果が救命率の上昇にとどまらず,合併症や後遺症のない救命,最終的には経済効率のよい医療に結びついている。さらに,出産後に診断される児に比べ,胎児診断された児は,出生後早期に状態が悪化するEbstein病,総肺静脈還流異常,肺動脈弁欠損などの超重症心疾患で出生後24時間以内の手術が必要な場合でも,手術に対応することができるようになり,救命率は著しく上昇している。また,出産時に病名が判明している場合は,分娩時にバルーン心房中隔切開術などの術式を用いることも可能となり,胎児診断が児の救命率に大きく関与しているといえる。この胎児診断の主軸を担っているのが「胎児心エコー」である。
本書では,豊富な画像を用い,スクリーニング,精査,治療を徹底解説。家族への告知についても,神奈川県立こども医療センターで長年培ってきたメソッドを,両親への説明図と共に公開。神奈川県立こども医療センターの胎児診断率も各疾患ごとにグラフ化されている。本分野の第一人者である川瀧元良先生の集大成本,ついに刊行。

序文


目次