HOME > 理学療法士・作業療法士 > 脳卒中理学療法の理論と技術

書籍詳細

エビデンスに基づく治療理論を技術として臨床に導入するための,最新の情報を収載

脳卒中理学療法の理論と技術

改訂第2版

脳卒中理学療法の理論と技術
編集
原 寛美
吉尾 雅春
定価 7,020円(税込)(本体 6,500 円+税)
B5変型判  512ページ  2色(一部カラー),イラスト430点,写真367点
2016年5月23日刊行
ISBN978-4-7583-1706-1
内容紹介
2015年に「脳卒中治療ガイドライン」が改訂されたが,脳卒中医療はそれよりも進んでいます。「経頭蓋磁気刺激治療TMS」「ボツリヌス治療」など,ガイドラインよりさらに先に進んだ理論・技術が日々更新されている。本書には,“エビデンスに基づく治療理論を,技術として臨床に導入する”ための最新の情報を収載している。
好評を博した初版の内容を最新にアップデートするだけでなく,新規項目として「ボツリヌス治療後の理学療法」「嚥下障害」を追加。脳卒中リハビリテーションに関わる医療従事者必携の一冊。
序文


目次