HOME > 理学療法士・作業療法士 > 保育・学校生活の作業療法サポートガイド

書籍詳細

保育士さん,学校の先生,その他医療職とのコラボレーションで,地域で子どもを支援する!

発達が気になる子どもを地域で支援!

保育・学校生活の作業療法サポートガイド

保育・学校生活の作業療法サポートガイド
監修 小西 紀一
編集 酒井 康年
定価 4,104円(税込)(本体 3,800 円+税)
B5判  168ページ  2色,イラスト70点
2016年2月29日刊行
ISBN978-4-7583-1705-4
内容紹介
本書は,発達領域の作業療法士が,保育園・幼稚園,学校など地域の施設で仕事をする際にどうすればよいか,どのようなことができるのかを解説した書籍である。また,子どもの困り事のなかには,保育・学校生活に関する内容がかなり多いため,本書では直接学校などにかかわらない発達領域の作業療法士にも参考となる。
作業療法士が保育・学校施設に訪問して直接子どもの支援をすることもあるが,普段は保育士,教員が子どもに接する。そのため,保育士,教員ができることをどのように伝え,どう一緒に子どもに対応していくか,また環境をどのように整えるか,といった方法を解説している。
保育士,教員,他の医療職とコラボレーションしながら作業療法士ならではの力を発揮し,地域で子どもを支援していくことを目指してほしい。
序文



目次