HOME > 理学療法士・作業療法士 > 老年期うつ病の作業療法

書籍詳細

自分で生きる力を取り戻そう! 患者のセルフヘルプを作業療法士がプロデュース 

高齢者のやりがい・生きがいを見つけよう!

老年期うつ病の作業療法

老年期うつ病の作業療法
編集 髙橋 章郎
定価 3,240円(税込)(本体 3,000 円+税)
A5判  128ページ  2色
2015年9月24日刊行
ISBN978-4-7583-1690-3
内容紹介
「老年期うつ病」の患者数は推計40万人といわれており,特に女性の患者が多く,高齢者の自殺の原因の一つでもある。今後も患者数は増加を続け,また認知症へ進行する割合も高いことから,確実な対策が必要とされている。
老年期うつ病は,発症原因,症状,治療法など,さまざまな点で若年者のうつ病と異なるため,作業療法にも工夫が必要である。作業療法士と高齢患者は,これまでの治療者と対象者の関係である「治す,治してもらう」という役割から共に脱し,作業療法士は高齢患者が自分のことは自分でできるように,患者の生活をプロデュースすることが重要である。
本書は,高齢者が新たな生きがい・役割を見つけるために,作業療法士が地域でできることを実例を通して解説している。うつ病に限らず,作業療法士が今後,地域でどのように高齢者とかかわっていけばよいか,その参考となる1冊。
序文


目次