HOME > 画像医学 > 胆・膵 超音波アトラス

書籍詳細

エコーを当てれば「胆・膵」がみえる

パッと出してすぐわかる

胆・膵 超音波アトラス

胆・膵 超音波アトラス
編著 西田 睦
定価 4,968円(税込)(本体 4,600 円+税)
A5判  268ページ  オールカラー,イラスト200点,写真200点
2019年6月1日刊行
ISBN978-4-7583-1610-1
内容紹介
検査する場所を選ばず機器も簡便で非侵襲的であることから、超音波検査の有用性が改めて見直されており、臨床に不可欠となっている。しかし、正確な画像を描出し、診断に役立てることは実際には難しく、臨床でできるだけ多くの画像をとり、読む経験を積むことが重要とされる。
本書では、臨床でよく出会う疾患から、まれな疾患まで、造影エコーを含む豊富な画像とともに取り上げている。また、「画像を見てシェーマが描ける」ことを目標に、どこに何が描出されているのか、疾患の概要と併せて、わかりやすいシェーマで易しく解説。必要に応じて、CT/MRI、病理画像も併載。本書を通読すれば、自信を持って腹部エコーの撮像・読影ができるようになる。
「肝脾」「胆膵」の二部構成で、あなたはもう腹部エコーのエキスパート!
関連するお勧め書籍

序文


目次