HOME > 脳神経外科 > 新NS NOW 8 脳神経外科手術のコンパス

書籍詳細

モニタリングなくして脳神経外科の手術なし

新NS NOW 8

脳神経外科手術のコンパス

術中機能・画像情報モニタリングマニュアル

脳神経外科手術のコンパス
担当編集委員 森田 明夫
定価 11,880円(税込)(本体 11,000 円+税)
A4判  216ページ  オールカラー,イラスト140点,写真100点
2016年12月2日刊行
ISBN978-4-7583-1568-5

■編集委員
森田明夫/伊達 勲/菊田健一郎

内容紹介
No.8では「モニタリング」をテーマに取り上げている。モニタリングとは文字どおり脳の反応をリアルタイムでモニタすることである。これにより手術が「取り返しのつかない」段階に進んでしまうのを予防する。脳神経外科のあらゆる手術において,決して欠かすことのできない手技である。
本書では,1章でモニタリングの基礎と現在の環境を,2章では脳神経外科の各種手術にモニタリングをどう用いて,どう安全につなげていくかについて解説している。
脳神経外科医専門医も,これから専門医をめざす医師も必読の1冊である。
序文


目次