HOME > 消化器外科 > 外科専門医への検査・処置手技のfundamentals

書籍詳細

外科専門医のための検査・手技はこの1冊で完ペキ

外科専門医への検査・処置手技のfundamentals

外科専門医への検査・処置手技のfundamentals
監修 北野 正剛
編集
白石 憲男
二宮 繁生
定価 9,720円(税込)(本体 9,000 円+税)
B5判  424ページ  2色(一部カラー),イラスト120点,写真100点
2018年9月29日刊行
ISBN978-4-7583-1535-7
内容紹介
外科専門医に求められる診断技術や外科的処置の手技を1冊にまとめたテキストがついに完成!
本書は,外科修練を開始してすぐ活用できるように,超音波やCT検査,消化器内視鏡検査,救急手技など「外科専門医修練カリキュラム」に含まれる検査や手技について基本から丁寧に解説している。また,何をどこまで習得しなければならないかを「コンピテンシー」として明確に表示しているため,自身の習得度を評価することができる。これらの検査や手技の習得に際し,卒後10年以上を経た執筆者らが自らの経験に基づいたコツや落とし穴も紹介しており,効率良く学習することができる。さらに詳しく学びたい読者には,執筆陣からお薦めの本も紹介している。外科専門医をめざす先生には必携の導入書として,指導医の先生には指導内容のリファレンスとして活用できる1冊である。

序文


目次