HOME > 循環器 > これから始める心エコー

書籍詳細

心エコーで必ず絵が出る方法,教えます!

これから始める心エコー

絶対撮れる,1人で撮れる

これから始める心エコー
編集
芦原 京美
大門 雅夫
定価 4,860円(税込)(本体 4,500 円+税)
A4判  196ページ  オールカラー,写真600点
2014年7月3日刊行
ISBN978-4-7583-1415-2
内容紹介
心エコーは現在の循環器診療に欠かせない検査である。無侵襲検査であるため,多くの医師,技師が検査を行っているが,検者の能力に左右されることも多く,テクニックやコツを身につけるためには経験も大切である。
そこで本書では,日々の実臨床で数多くの心エコー検査を行っている経験豊富な医師,技師が,基礎知識や検査方法を徹底解説。特に,必要なエコー画像を撮るためにどうすればいいのかを,エコー画像+手元画像+解剖図と超音波ビームで詳細に図解。さらに,各断面ごとに描出方法のアドバイスを「One Point トリビア」として,読者が描出した断面が正しいのかをセルフチェックするための「適正画像が撮れているかcheck ここで判断」を囲み記事として掲載している。
トラブルシューティングではイラストを多用し,検者,被検者の会話形式で必要な画像をどのように被検者を導いて撮ればよいのかを,被検者の特徴別に解説。最終章ではアドバンスとして,疑われる疾患ごとにどのように考え,エコーを撮ればいいのかを具体例をもとに解説している。
序文


目次