HOME > 循環器 > これから始める血管エコー

書籍詳細

きれいに描出するポイント教えます!

これから始める血管エコー

描出のコツと再現性を高めるためのテクニック

これから始める血管エコー
編集
種村 正
小谷 敦志
定価 6,264円(税込)(本体 5,800 円+税)
A4判  236ページ  オールカラー,写真700点
2014年3月25日刊行
ISBN978-4-7583-1412-1
内容紹介
血管エコーはここ10年あまりで急速に発展し,普及している。その理由としては,超高齢化社会を迎え,動脈硬化疾患が増加した点,肺血栓塞栓症の原因となる下肢深部静脈血栓症に対する検査としても普及した点があげられる。
「無侵襲検査」であるため,多くの医師,技師が検査を行っているが,実際は正確に画像を描出し,診断に役立てられていない場合も多い。それは,血管エコーの描出のコツをつかむには経験が必要であり,先輩方に手取り足取り教えてもらって初めて診断に役立つ画像が描出できるようになるためである。しかも,各血管エコー装置の進歩や無侵襲検査であることも相まって,血管エコーに関わる医師,技師がますます増加し,多くの医師,技師が血管エコーの技術を習得することが必要になる。
そこで本書では,血管エコーを使いこなすために必要な基礎知識,技術をまとめ,どのように考え血管エコーに取り組めばいいのか,再現性を高めるためにはどのようなテクニックが必要なのかを解説している。
序文



目次