HOME > 循環器 > 心房細動カテーテルアブレーション

書籍詳細

心房細動カテーテルアブレーションを行う前の心構えから実手技,トラブルシューティング,薬剤との関わり方,インフォームドコンセントを網羅したすべてがわかる必読書

心房細動カテーテルアブレーション

心房細動カテーテルアブレーション
編集 山根 禎一
定価 10,800円(税込)(本体 10,000 円+税)
B5判  392ページ  上製,カラー/2色,写真1,000点
2013年3月25日刊行
ISBN978-4-7583-1406-0
内容紹介
心房細動は,高齢者の5%を占めるたいへん患者数の多い不整脈である。超高齢社会を迎える現在,更なる患者数の増加が見込まれる。このような状況のなか,ペースメーカの植込み手技,Maze手術といった開胸手術,ワルファリン内服といった抗凝固療法の他に,カテーテルアブレーションによる心房細動治療が現在,急速に普及している。
当初は発作性心房細動のみへの適応であったが,現在は幅広く,慢性,および持続性心房細動に対しても手技が行われ,治療成績や安全性も向上し,多くの医師が取り組むようになってきた。また,昨今は3-D mappingの技術も進化し,10年前には珍しかった機器が多くの施設に設置されている。一方で,まだまだ不安要素も多く,心房細動カテーテルアブレーションに取り組みたいと考える医師にとって学ぶ機会が少ないのが現状である。
そこで,本書では,カテーテルアブレーションを行う前に知っておくべきこと,実際の手技,合併症などに対するトラブルシューティング,術後の抗凝固療法といった薬剤との関わり方,インフォームドコンセントの方法といった内容を網羅し,本書のみで心房細動カテーテルアブレーションについてすべてわかる構成とした。
序文


目次