HOME > 整形外科 > 肩関節手術のすべて

書籍詳細

肩のすべてがここにある

肩関節手術のすべて

肩関節手術のすべて
編集 菅谷 啓之
編集協力
秋田 恵一
二村 昭元
定価 17,280円(税込)(本体 16,000 円+税)
A4判  326ページ  オールカラー,イラスト500点, 写真300点
2018年5月4日刊行
ISBN978-4-7583-1377-3
内容紹介
鏡視下手術を中心とした肩関節の主要疾患および外傷手術を網羅し,幅広くテクニックを紹介した,肩関節の[すべて]が学べる1冊。肩関節不安定症や腱板断裂から,変形性肩関節症については人工関節(TSA)に必要な解剖からリバース型人工関節(RSA)の応用まで,また,感染症や神経麻痺,リウマチ,肩関節周辺骨折までを取り上げている。特にRSAについては章を設け,これを日本に導入し,RSAを知り尽くした菅谷先生が,豊富なイラストで懇切丁寧に解説。また,本書では一般的な解剖ではなく,疾患ごとにその手術に必要な解剖を「Anatomy Key Shot」としてイラストで示し,解剖医がわかりやすく解説。手術に必要な正しい解剖が理解できる。また,直視下手術は,写真とイラストを併記することで,リアリティとテクニックの両方を学べる構成となっている。
序文


目次