HOME > 産婦人科 > 児頭下降度の評価と鉗子遂娩術

書籍詳細

児頭下降度を正しく評価して安全・確実に実施できる鉗子分娩手技。DVDに収録されたCG動画は必見!

児頭下降度の評価と鉗子遂娩術

安全・確実な吸引・鉗子分娩のために

児頭下降度の評価と鉗子遂娩術
編集
竹田 省
関 博之
定価 14,040円(税込)(本体 13,000 円+税)
i_dvd.jpg
B5判  128ページ  オールカラー,DVD-Video付き
2015年3月26日刊行
ISBN978-4-7583-1246-2
内容紹介
鉗子遂娩術は,分娩経過に何らかの異常がみられたときの急速遂娩法のひとつであり,産科医にとってぜひ覚えておきたい手技である。歴史も古く世界中で施行されてきたが,昨今では吸引分娩や帝王切開が広く普及し選択の機会が減少している。しかし,児娩出までの時間が短く確実に娩出できるなどのメリットもあり,“適応と要約”を守れば安全・確実に実施可能である。成功に導くために最も重要なことは,児頭の下降度を正しく評価して実施することであり,本書では精緻なイラストにより詳しく解説した。そのため,鉗子分娩を行っていない施設の医師であっても,吸引分娩の際に役立つ内容が記述されている。
また,分娩時の児頭と母体骨盤の位置関係を,CG動画にまとめDVDとして添付している。分娩経過に沿った児頭の下降や回旋の様子がリアルに表現され,鉗子遂娩手技の実際を目で見て学ぶことができる。
序文


目次