HOME > 産婦人科 > OGS NOW 20 腹腔鏡・子宮鏡手術[応用編]

書籍詳細

保険収載された腹腔鏡による悪性腫瘍手術についても詳細に解説された産婦人科医必携の書

OGS NOW 20

腹腔鏡・子宮鏡手術[応用編]

悪性腫瘍手術および合併症の予防・対処法

腹腔鏡・子宮鏡手術[応用編]
担当編集委員 竹田 省
定価 12,960円(税込)(本体 12,000 円+税)
A4判  224ページ  オールカラー,イラスト150点,写真100点
2014年11月4日刊行
ISBN978-4-7583-1233-2

■編集委員
平松祐司/小西郁生/櫻木範明/竹田 省

内容紹介
産婦人科における腹腔鏡手術も多くの施設で行われており,その手技の習得はもはや産婦人科医として欠かせないものになった。2014年,腹腔鏡による悪性腫瘍に対する手術が保険収載されたことにより,ニーズは高まる一方である。しかしながら,腹腔鏡手術の手技の難易度は変わることがなく,手術手技を少しでも向上させたいと考える産婦人科医は少なくない。
前号(No.19)の基本編ではアプローチ法や患者管理,器具の特性,基本的な術式などを学ぶことができ,応用編である本書では悪性腫瘍に対する手術や腹腔鏡・子宮鏡に特有の合併症対策を,一つ一つの項目を丁寧に学ぶことができる。
経験豊富な術者による“手術のコツと注意点”を中心に,豊富なイラストでわかりやすく解説しており,まさに今必要な1冊である。
序文


目次