HOME > 脳神経外科 > ビジュアル脳神経外科 6 間脳・下垂体・傍鞍部

書籍詳細

間脳・下垂体・傍鞍部の疾患を識るにはこの一冊から

ビジュアル脳神経外科 6

間脳・下垂体・傍鞍部

間脳・下垂体・傍鞍部
担当編集 斉藤 延人
定価 13,200円(税込)(本体 12,000 円+税)
A4判  244ページ  オールカラー,イラスト154点,写真238点
2013年2月22日刊行
ISBN978-4-7583-1182-3

■編集
片山容一/冨永悌二/斉藤延人

内容紹介
進歩の著しい脳神経外科手術の現状を踏まえて,脳神経外科専門医および専門医を目指す若手医師が知っておくべき知識と技術を解説したシリーズ第6巻。今回は間脳・下垂体・傍鞍部を取り上げる。
下垂体・傍鞍部周辺は,下垂体腺腫をはじめ,頭蓋咽頭腫,傍鞍部髄膜腫など,脳腫瘍が発生しやすい部位である。また内分泌器官である下垂体の治療には,脳神経外科医だけでなく内分泌内科の医師も関わってくる。本書では,間脳・下垂体・傍鞍部の基本的な解剖から,機能検査,画像診断,そして下垂体関連の腫瘍を中心にその治療法(薬物療法・手術)を豊富なイラスト・写真を用いて解説する。
序文



目次