HOME > 眼科 > 超広角でみる眼底病変診断

書籍詳細

最新の眼底撮影法を知り,画像の読影をマスターし,病巣を確実に診断するための手引き書

超広角でみる眼底病変診断

超広角でみる眼底病変診断
編集


平形 明人
大路 正人
井上 真
瓶井 資弘
定価 10,800円(税込)(本体 10,000 円+税)
B5変型判  220ページ  オールカラー
2015年3月24日刊行
ISBN978-4-7583-1095-6
内容紹介
新しい眼底撮影法の「超広角眼底撮影法」は直角200°の撮影が可能であり,従来の眼底撮影とは比較にならない範囲の観察や撮影ができる。さらにフルオレセイン造影検査(FA)や眼底自発蛍光撮影(FAF)も広角で撮影できるようになった。したがって今までは観察はできても記録が難しかった位置の病巣撮影ができたり,広角FAやFAFで新たな発見ができ病態理解が深まることが可能となった。しかし,正確に所見を診断するにはコツやポイントがある。
本書は超広角眼底撮影した頻度の高い疾患を中心に多くのバリエーションを掲載。また,再剥離した症例,再手術した症例など合併症例もできるだけ呈示。その画像1つ1つにコツやポイントを付記し,初心者でも病巣を見逃さないための手引書となっている。

序文


目次