HOME > 脳神経外科 > 急性期脳梗塞rt-PA静注療法実践マスターガイド

書籍詳細

安全で確実なrt-PA静注療法を実施! 脳卒中スタッフによる適応・治療・患者管理を完全マスター

即活用!

急性期脳梗塞rt-PA静注療法実践マスターガイド

適応・診断・管理のコツ

急性期脳梗塞rt-PA静注療法実践マスターガイド
監修 塩川 芳昭
編集 栗田 浩樹
定価 4,860円(税込)(本体 4,500 円+税)
B5判  168ページ  2色,写真100点
2009年9月25日刊行
ISBN978-4-7583-0923-3
内容紹介
2005年10月に認可された急性期脳梗塞に対する治療薬rt-PA(アルテプラーゼ)を用いた血栓溶解療法には「発症後3時間以内に投与」という条件があり,本治療を施行するにあたって狭き門となっている。“患者搬送後の画像検査や神経学的検査などの迅速な対応”と“画像結果や所見により「適応可能」か「禁忌」かという判定を短時間に見極めること”が本治療を成功させる鍵となる。
本書では,厳密な適応基準を見極め,慎重にかつ確実・短時間に検討し,安全に施行するためのノウハウとさらに速やかな治療後のケアの方法までを詳しく解説している。連携のとれた杏林大学脳卒中センターのチーム医療の日頃の実践を収載した書籍である。
関連するお勧め書籍

序文



目次