HOME > 脳神経外科 > NS NOW No.7 低侵襲時代の頭蓋底手術

書籍詳細

低侵襲時代をむかえつつある頭蓋底手術の最前線

NS NOW No.7

低侵襲時代の頭蓋底手術

過度な露出を避けるために

低侵襲時代の頭蓋底手術
担当編集委員 大畑 建治
定価 10,800円(税込)(本体 10,000 円+税)
A4判  192ページ  2色一部カラー,イラスト140点,写真90点
2009年7月31日刊行
ISBN978-4-7583-0914-1

■編集委員
寺本 明/新井 一/塩川芳昭/大畑建治

内容紹介
頭蓋底外科の治療コンセプトは,従来,病変を広く露出することにより,手術の安全性と根治性を高めることにあった。反面,脳組織にとっては愛護的な頭蓋底手術も,到達経路にある軟部・骨組織,神経,血管に対しては侵襲的であり,審美上の問題,神経血管の副損傷,副損傷への対策,長時間手術の術者への負担などの解決すべき問題はまだ多く残されている。低侵襲手術の時代の現在,頭蓋底外科もその例外ではなく,症例の積み重ねによってより洗練された頭蓋底外科の手技が発展してきている。本書では低侵襲な頭蓋底手術を実践されている先生方に,日頃どのような工夫をされているか,その実際をご紹介いただく。
前半には「基礎知識」として外科解剖,再建方法,治療戦略を取り上げた。メインの「基本的到達法」では,明日の手術にすぐ役立つ実践的手技を中心に,最後の「最近のトピックス」では放射線治療についての最新の治療経験を効果と限界の両面から解説する。
序文


目次