HOME > 脳神経外科 > 脳神経外科専門医をめざすための経験すべき手術44

書籍詳細

脳神経外科専門医合格のための研修必須項目を網羅した手術書

脳神経外科専門医をめざすための経験すべき手術44

脳神経外科専門医をめざすための経験すべき手術44
総編集 河瀬  斌
編集


片山 容一
佐野 公俊
久保田 紀彦
阿部 俊昭
定価 16,200円(税込)(本体 15,000 円+税)
A4判  304ページ  2色(一部カラー),イラスト290点,写真150点
2007年9月28日刊行
ISBN978-4-7583-0907-3
内容紹介
超難関といわれている日本脳神経外科学会認定の専門医試験を受けるまでの6年間に習得すべき手術手技の解説書であり,脳神経外科医としての必須事項を網羅して構成。
専門医試験の『研修項目と知識習得レベル』(研修手帖)に基づいて構成された術式44項目は,イラストを中心にまとめ,[基礎・外傷][脳血管障害][脳腫瘍][脊髄・定位機能]の4本の柱から成り立っている。
臨床経験を積みながら,専門領域に進む医師たちに求められている“専門医として必要な知識と手術(技術)”について,それぞれのエキスパートたちによるわかりやすい解説で理解を深め,日常の臨床から試験対策まで攻略できる一冊である。

序文


目次