HOME > 整形外科 > 新OS NOW No.17 装具療法 -モデルと適応のすべて

書籍詳細

2003年度版「装具のバイブル」

新OS NOW No.17

装具療法 -モデルと適応のすべて

装具療法 -モデルと適応のすべて
担当編集委員 清水 克時
定価 9,180円(税込)(本体 8,500 円+税)
A4判  200ページ  
2003年1月28日刊行
ISBN978-4-7583-0607-2

■シリーズ編集委員
高岡邦夫/岩本幸英/落合直之/清水克時

■シリーズ編集顧問
林浩一郎

内容紹介
 装具は,それぞれの患者の状態にマッチしたものを,必要な時期に作製することが大切であり,常に装具という治療の選択肢を念頭に置いて診療することが重要である。装具を十分理解していないと,保存療法で治療できる患者に手術操作を加えてしまう。あるいは,正しく手術を行っても術前・術後の的確な装具療法が伴わないと治療に成功しない。
 『新OS NOW』はこれまで“保存療法を含めながらも,主に手術療法を扱った本”として刊行されてきた。今回の『装具療法−モデルと適応のすべて』では,手術療法を支える装具療法のみでなく,一般の装具療法も含め,長い歴史を持つ基本的装具から,独創性,創造性に富む新しい装具まで幅広く網羅し,2003年度版「装具のバイブル」ともいうべき内容になっている。 

序文


目次