HOME > 癌・腫瘍 > 唾液腺腫瘍の組織診・細胞診

書籍詳細

豊富な症例から実践的病理診断を解説する唾液腺腫瘍の新たなスタンダード

唾液腺腫瘍の組織診・細胞診

コンサルテーション症例に学ぶ実践的診断法

唾液腺腫瘍の組織診・細胞診
著者
原田 博史
河原 明彦
定価 16,200円(税込)(本体 15,000 円+税)
A4判  352ページ  上製,オールカラー,写真650点
2018年2月3日刊行予定
ISBN978-4-7583-0397-2
内容紹介
頭頸部領域は本領域は解剖学的に複雑で,様々な構成要素からなるため,これを背景とする種々多彩な疾患が発生する。なかでも唾液腺腫瘍は多形腺腫やワルチン腫瘍など代表的なものを除けばその発生頻度は低く,個々のレベルで経験し得る症例には限りがあり,また診断アルゴリズムや治療法の確立に至らない疾患も少なくない。さらに同一の腫瘍が極めて多彩な組織像を取ることも多く,逆に相互の類似性から鑑別も難しいため,特にこれを専門としない一般病理医が苦手意識を抱く領域の代表的存在とも目されている。
本書では約1,500症例より厳選した症例を頻度の高い低いにかかわらずバリエーションも含め掲載し,十分な解説を行い,材料のあるものについては,細胞診所見も解説した。また,使用語句,表記の用い方についても囲み記事等で丁寧な解説を行った。2017年初頭に改訂された最新のWHO分類第4版についてもできる限り本書に反映し,旧版との比較についても項目ごとに解説した。
序文


目次