HOME > 消化器外科 > 手術のための解剖学  消化器外科手術のための解剖学 -食道,胃・十二指腸,腹壁・ヘルニア

書籍詳細

安全・確実な手術のための「消化器」手術解剖・手術手技のポイント

手術のための解剖学

消化器外科手術のための解剖学 -食道,胃・十二指腸,腹壁・ヘルニア

改訂版

消化器外科手術のための解剖学 -食道,胃・十二指腸,腹壁・ヘルニア
監修 松野 正紀
編集

畠山 勝義
兼松 隆之
佐々木 巖
定価 27,500円(税込)(本体 25,000 円+税)
A4判  192ページ  上製,オールカラー,イラスト380点
2006年9月26日刊行
ISBN978-4-7583-0322-4
内容紹介
本書は,消化器外科専門医を目指す臨床医のための手術解剖書である。外科学会,消化器外科学会,内視鏡外科学会の専門医研究カリキュラムより現在一般的に行われている術式を選択し,それらの手術を安全・確実に遂行するために知っておかねばならない手術解剖,ならびにその解剖を踏まえての手術手技のポイントを解説した。経験豊かな著者による具体的・実践的な解説は,若い臨床医にとって有益なアドバイスとなり,また術前の手順確認の際にも役立つ消化器外科手術解剖書である。

序文



目次