HOME > 循環器 > カテーテルアブレーション

書籍詳細

カテーテルアブレーションの習得をめざす医師必読の書

カテーテルアブレーション

基本から最新治療まで

改訂2版

カテーテルアブレーション
編集
相澤 義房
奥村 謙
定価 8,640円(税込)(本体 8,000 円+税)
B5判  324ページ  2色(一部カラー)
2010年7月15日刊行
ISBN978-4-7583-0199-2
内容紹介
2006年の刊行より4年が経過したが、近年の不整脈に対するアブレーション治療の進歩は著しく、焼灼部位を同定する三次元マッピング、ナビゲーションシステムを中心とする医用電子工学の発達などにより、治療成績は飛躍的に向上し、治療の適応も拡大されてきた。とくに前述の各診断機器の発達も含め、心房細動アブレーションに対する各施設独自の治療法が開発され、臨床に応用されるようになってきている。
本書では、不整脈起源と心臓・大血管の解剖、機器、治療法の進歩に伴う新規項目を加えた。また、改訂されたガイドラインの内容を踏まえ、初版刊行時から現在までに進化した本領域の情報を加え、内容を改訂した。
序文


目次