HOME > 臨床医学一般/薬物療法 > くすりの基本と処方のDo-Don't

書籍詳細

好評を博した“薬物治療のスーパールール”が,最新の情報を網羅して登場!

今日から実践!

くすりの基本と処方のDo-Don't

改訂2版

くすりの基本と処方のDo-Don't
編集主幹 福井 次矢
編集

岡田 定
小松 康宏
後藤 一美
定価 4,860円(税込)(本体 4,500 円+税)
A5判  568ページ  2色
2010年3月15日刊行
ISBN978-4-7583-0034-6
内容紹介
2007年に刊行した「今日から実践!くすりの基本と処方のDo-Don't」の改訂2版。初版発行時と比べ,廃止となった薬や3年の間に発売された新薬,投与量の変更等を反映させ,最新の情報を網羅している。
初版と同様,初期研修医が実地で薬物を投与するときに必ず実践しなければいけないこと,決してしてはならないことを[Do][Don't]の形式で簡潔に解説。研修医のカンファランスに薬剤師も立ち合い,チーム医療を実践している聖路加国際病院でまとめた。
第1章では,代表的な薬剤の薬効ごとの基本的な考え方,第2章では患者の特性ごとの注意点,第3章で輸液の基本,第4章では主な疾患・病態ごとの薬物治療の考え方,そして第5章で主な症状・症候の薬物治療の注意点を解説している。1項目は基本的に1〜2頁の掲載とし,要点をまとめて現場で使いやすいように心がけた。項目は「新医師臨床研修制度の到達目標」に則っている。
また,改訂2版ではカリキュラムの項目増加に伴い「抗悪性腫瘍薬」など大幅に項目を増やし,さらに充実した内容となっている。

序文


目次