執刀医となった日から即役立つ!
基本的な手技を学べる 現場に即した手術書シリーズ

medical view

新執刀医のためのサージカルテクニック

Surgical Techniques for Masters

総編集 德橋 泰明 日本大学医学部整形外科学系整形外科学分野主任教授

2004年から刊行し,基本的な手術書として好評を得た『執刀医ためのサージカルテクニック』シリーズ。
それから10年以上が経過し,手術手技・使用器具の進歩により大きく変更されている術式や,新たな術式
も取り上げ,今の時代に即した手術内容で新シリーズとして刊行。
より執刀医の視点に立った記述で,最前線で活躍する経験豊かな臨床医からのアドバイスが豊富に
散りばめられている。さらに助手を卒業していざ執刀医となった医師のニーズに応える情報も提供。
手術を行うすべての整形外科医必携の書!

体裁:B5変型判・オールカラー/240ページ程度

全3巻

  • 脊椎
  • 上肢
  • 下肢
medical viewmedical viewmedical view

シリーズの構成

脊椎
担当編集 德橋 泰明 日本大学医学部整形外科学系整形外科学分野主任教授
定価(本体13,000円+税) 240頁・イラスト300点 ISBN978-4-7583-1862-4 
ご購入はこちら脊椎

好評発売中

目 次

執刀医の心得
腰椎椎間板ヘルニアに対する髄核摘出術
 (いわゆるLove法)
腰椎椎間板ヘルニアに対する
 内視鏡下椎間板摘出術(MED)
腰部脊柱管狭窄症に対する
 棘突起縦割式椎弓切除術
腰椎変性疾患に対する後側方固定術(PLFD)
腰椎変性すべり症に対する
 後方進入椎体間固定術
頚椎症性脊髄症に対する
 片開き式椎弓形成術,後方固定術

頚椎症性脊髄症に対する棘突起縦割式
 椎弓形成術(T-saw laminoplasty)
頚椎症性神経根症,脊髄症に対する前方除圧固定術
骨粗鬆症性椎体骨折に対するBalloon kyphoplasty
骨粗鬆症性椎体骨折偽関節に対する
 椎体形成術併用の後方固定術
胸腰椎移行部脊椎外傷に対する後方固定術
転移性脊椎腫瘍に対するMISt(最小侵襲脊椎安定術)
環軸椎亜脱臼に対する後方固定術
XLIFⓇ(eXtreme Lateral Interbody Fusion)
腰椎変性側弯症に対するOLIF
 (oblique lateral interbody fusion)
馬尾腫瘍摘出術

上肢
担当編集 長尾 聡哉 板橋区医師会病院整形外科部長  日本大学医学部整形外科学系整形外科学分野講師
ISBN978-4-7583-1860-0 

続刊予定

目 次

執刀医の心得
鎖骨骨折に対する観血的整復固定術
上腕骨近位端骨折に対するプレート固定術
上腕骨近位端・骨幹部骨折に対する
 髄内釘固定術
上腕骨遠位端骨折に対する観血的整復固定術
肘頭骨折に対する観血的整復固定術
前腕骨骨折に対するプレート固定術
橈骨遠位端骨折に対する掌側
 ロッキングプレート固定術
舟状骨骨折に対する観血的整復固定術

手指骨折に対する経皮的鋼線固定術・
 プレート固定術
小児肘関節周辺骨折の手術
肩関節鏡視下手術
肘関節鏡視下手術
肘部管症候群に対する単純除圧術・
 尺骨神経皮下前方移動術
手根管症候群に対する手根管開放術
ばね指に対する腱鞘切開術
手指屈筋腱断裂に対する腱縫合術
手指伸筋腱断裂に対する腱縫合術
前腕・手部神経損傷に対する神経縫合術
上肢軟部腫瘍の手術

下肢
担当編集  齋藤 修 日本大学医学部整形外科学系整形外科学分野准教授
ISBN978-4-7583-1861-7

2018年8月
刊行予定

目 次

執刀医の心得
股関節脱臼骨折(後壁骨折)に対するORIF
FAI に対する股関節鏡視下手術
人工股関節全置換術(THA)・
 後方アプローチ
大腿骨頚部骨折に対する人工骨頭置換術・
 後方アプローチ
大腿骨頚部骨折に対するORIF
大腿骨転子部骨折に対する
 cephalomedullary short nail 法
大腿骨転子部骨折に対する
 cephalomedullary long nail 法
大腿骨ステム周囲骨折に対するORIF

膝蓋骨骨折に対するORIF
脛骨高原骨折に対するORIF
前十字靱帯(ACL)再建術
高位脛骨骨切り術(HTO)・
 Opening wedge HTO
人工膝関節全置換術(TKA)
人工膝関節単顆置換術(UKA)
Pilon 骨折に対するORIF
髄内釘を用いた足関節固定術
人工足関節全置換術(TAA)・
 FINE 人工足関節
距骨骨軟骨損傷に対する鏡視下手術
踵骨骨折に対する固定術
アキレス腱断裂に対する腱縫合術